【8Kテレビを買う前に、知っておくべき7つの情報】その3「8Kテレビで8K放送番組を視聴する方法」

投稿日:

≪3≫8Kテレビで
8K放送番組を
視聴する方法

1番簡単な方法は、テレビを購入したお店で8Kテレビを視聴するための設置工事を頼むことが1番楽です。

基本、設置工事は危険なので全部業者にお任せした方が良いです。

業者にもよりますが、全く設備が無い状態から設備を整え設置するには、大体13万円前後かかります。

でも一応どんな部品を取り付けて、その部品がどんな物か興味ある方は、下記に記載しておきますので読んで見て下さい。

【必要なもの】

1・左旋、右旋対応 BS・110度CSアンテナ

2・8K対応アンテナケーブル(同軸ケーブル)

3・8K対応混合器

4・8K対応ブースター

5・8K対応分配器(複数台で見る場合必要)

6・8K対応壁面埋め込みアンテナ端子

7・8K対応分波器
 (テレビとチューナーに接続するもの)

8・「BS/CS 4K8Kチューナー」

9・「これらを接続するための配線」

10・「外部機器と接続する配線」

1,「左旋、右旋対応
BS・110度
CSアンテナ」

今までは右周りの電波だけで受信していたのですが、4k8K映像になり電波の信号量が増え、右回りだけの信号では情報量が足らなくなってしまった為、新たに信号の情報量を増やす為に左回りの電波を付け加えて、それを受信できる様にしたアンテナです。

2,「8K対応
アンテナケーブル」
(同軸ケーブル)

商品の表記に「2K・4K・8K 放送に対応(3224MHz対応)」と書いてあるアンテナから先の機器に接続する配線の事です。

壁のテレビ端子からテレビに接続されてる線がこれです

3,「8K対応混合器」

アンテナから受信される色々な電波を混合して送り出すための物です。

4,「8K対応
ブースター」

受信した電波は小さいので、その電波をテレビにはっきりと伝える為に電波を増幅するものです。

5,「8K対応分配器」

複数台のテレビを見る時、1つのアンテナから来る電波をテレビの台数分に分配して送り出す事の出来る物です。

6,「8K対応
壁面埋め込み
アンテナ端子」

商品の表記に[2K・4K・8K対応]と書いてあるアンテナ端子で、そこから室内のテレビに接続するための物です。

7,「8K対応分波器」

テレビやハードディスクの入力端子がBS/110°地デジなどと分かれている場合、必要になります。

8,「BS/CS 4K8Kチューナー」

アンテナから受信したテレビ放送電波信号を、テレビに映し出す為の信号に変える物です。(テレビの中に既に内蔵されているテレビもあります)

9,「これらを接続する配線」

配線は、機器に対応した専用の配線が必要になります。

機器を買う時その機器に対応した専用配線もセットで必ず買っておきましょう。

機器を家に設置する距離もあらかじめ図っておき、それに応じて配線の長さも調べておきましょう。

10,「外部機器と
接続する為の
配線」

外部機器と接続する配線には、オーディオケーブルやHDMI2.0やHDMI2.1と言った配線があります。

オーディオケーブルはアンプやスピーカーなどに接続する配線です。

HDMI2.0やHDMI2.1は、映像と音声を転送できます。

HDMIのケーブル1本で

・オーディオ機器

・DVD

・blue-Rey

・パソコン

等に繋げば音声も映像もテレビ側のみに転送できます。

8K映像を映し出す場合は、HDMI2,0なら4本HDMI2.1なら1本、必要になります。

テレビのHDMI端子の接続部分に「ARC」対応と書かれている場合は、テレビ側から外部機器に音声も映像も転送できます。

「ARC」を使う場合、テレビ側もオーディオ機器側も「HDC」規格に対応していなければなりません。

事前に説明書の仕様を確認してチェックしておきましょう。

まとめ

基本テレビを見る為の設置準備は、8Kテレビを買う時にそのお店の人に言えばセットで設置作業もしてくれます。

ネットで買うと、店頭で買うよりは安く手に入りますが、ネットで販売しているお店に電話するか、メールを送るかして、8Kテレビを視聴するた為の設置作業を申し込む必要があります。

それか、設置作業だけを近くの電気屋さんに申し込んでしてもらう必要が出てきます。

8K放送を視聴するには、設置部品代と、設置作業費は、別途お金を払わなくてはならないのできおつけてください。

テレビは視聴せずに、パソコンをつないでYoutubeなどの動画を見る為だけでしたら、8Kテレビ本体だけで大丈夫です。

アンテナ線を8Kテレビにつなぐだけでも、一般のテレビ放送は見る事が出来ます。

この場合一般の放送は8K映像ではないので、普通の映像のテレビ番組しか見られません。

テレビに外部機器を接続する線は「HDMI」と言う線が必要になってきます。

今発売されているシャープの8Kテレビは、外部機器との接続する為にHDML2.0が4本か、HDMI2.1が1本必要になります。

LGから発売された最新型のテレビは、全てのHDMI端子がHDMI2.1になっていますので、HDMI2.1に対応した外部機器があれば1本で繋げられます。

肝心の外部機器の、DVDやBlue-reyはまだHDMI2.1に対応した物はありません。

今後はHDML2.1規格で接続できる外部機器が出てきて、1本で繋げられるようになる予定です。

このシャープの8Kテレビにパソコンを接続する時も、HDML2.0が4本か、HDMI2.1が1本必要なので、パソコン側の出力端子にHDML2.0端子が4本あるか、もしくはHDMI2.1が1か所あるか、他の端子をHDML2.0に変換して4本分用意できるか、確認をしておいた方が良いです。

【私のお店】
ブログ紹介商品
販売店

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です