自動運転カーの事その10-2「メルセデスの自動運転カーの取り組み Pt2」

投稿日:

Contents

自動運転カーの事その10「メルセデスの自動運転カーの取り組み Pt2」

インテリジェント・ドライブ・ファンクション

メルセデスは、現在レベル2の自動運転カー技術の車を作っています。

他社の機能とさほど変わりはないですが、メルセデス独自の個性が強く表現されているシステムです。

車の巨体さに似合わずかなり軽快な走りをする自動運転カーです。

空間認識能力が高い男性の方だと、周りの車を威圧している感覚が自動走行の挙動にあるかもしれません。

どこか車の目立つ所に、自動運転カーというステッカーを張っておくと、周りの人達に走りの挙動が理解されやすく、余計な敵対心を与えずに済むかもしれません。

機能の種類

アクティブ・ステアリング・アシスト

丁度良い車間距離を自動でキープして、車線内を走行するように自動で走行場所を調節します。

停止した時、30秒以内なら前の車が発進すれば自動で発進してくれます。

30秒以上止まっていたら、アクセルを軽く踏むか、クルーズコントロールボタンを押せば自動で発進して追従走行してくれます。

アクティブブレーキアシスト

車が周りの障害物を検知し、衝突の恐れがある時は自動で回避行動をとってくれます。

障害物に近づくと、モニターに危険を表示し、警告音を鳴らして知らせてくれます。

もしそれでも運転手が反応しない場合、ブレーキをかけてくれます。

更に衝突の危険が迫った時には、急ブレーキをかけてくれます。

アクティブ・レーンチェンジング・アシスト

アクティブパイロット起動時に、ウィンカーを2秒以上出すと作動し始めます。

カメラとセンサーで周りの状況を確認し、3秒以内に他車や障害物との衝突の恐れが無い場合、自動で車線変更をアシストしてくれます。

トラフィック・サイン・アシスト

車のカメラが道路標識を読み取り、制限速度の標識を読み取った時、その制限速度を超えるとモニターに警告表示を出して警告音出し、注意を促します。

渋滞時緊急ブレーキ機能

突然渋滞の最後尾にいる車が現れた時、周りに回避スペースがある場合運転手の回避行動を待ち、もし回避行動が行われない場合は自動で急ブレーキをかけて止まります。

緊急回避補助システム

レーダーとカメラが周囲を監視して、衝突の恐れがある場合ハンドルのトルクを計算して、車を回避する為の適正ハンドルトルクに調整し、回避後も車が吹っ飛ばないように車の挙動もアシストしてくれます。

つまり、障害物を回避する為に運転手が急ハンドルを切っても、その後車が吹っ飛ばないように車の動きを、自動で制御してくれます。

PRE-SAFE・インパルス・サイド

レーダーが側面から何かが衝突しそうだと感知したら、側面のエアバックが作動し運転手を車の中央方向に行くようにして、衝突の衝撃を和らげます。

PRE-SAFE・サウンド

レーダーが側面衝突を感知し、衝突の危険があると判断したら、スピーカーから短時間ノイズを発生させて衝撃時の音で、鼓膜が破れる危険性をのを軽減します。

アクティブ・パーキング・アシスト

駐車しようとする時、時速35㎞以下で走行中センサーが駐車スペースを見つけ感知し見つけたら、車が自動で駐車アシストしてくれます。

アクティブ・エマージェンシー・ストップアシスト

ステアリングパイロットがONの時、運転手がハンドルから手が離れていると、警告音で運転手に知らせ、それでも反応が無い場合は自動で車が停止します。

アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック

カメラとレーダーで前の車を感知し、速度に応じた適切な車間距離を保ちつつ自動走行してくれます。

前の車が停車した時は、自動で減速して一緒に停車してくれます。

サイド発進する時は、軽くアクセルを踏むか、クルーズコントロールレバーを入れると発進してくれます。

パーキングアシスト・フロントビューカメラ

車両で死角になっている場所を、モニターに表示させて確認できます。

3ステージESP

サーキットなどで走行する時など、3種類の走行方法が選択でき、一定のドリフトを許容したり、ブレーキやステアリング操作をダイナミックな操作に対応させる事が出来ます。

それでも、自動安全システムは作動するようになります。

この場合、自動安全システムの制度は下がります。

BASプラス(ブレーキアシスト・プラス)

カメラとレーダーが前方を広範囲に監視し、先行者以外にも前方を横切る車や、合流してくる車や、歩行者や、路上の障害物などを検知して、衝突の恐れがある場合にはモニターに警告を出し、ブザーで知らせてくれます。

回避する為に運転手がブレーキを踏むと、BASが作動して強力なブレーキをかけて止まってくれます。

作動速度範囲 約7~250km/h

飛び出し検知機能 作動速度範囲 約7.2~72km/h

CPAプラス(緊急ブレーキ機能)

センサーとカメラが衝突の危険を感知すると、モニターとブザーで警告し、ブレーキアシスト機能と連携して最大ブレーキの60%でブレーキをかけてくれます。

それでも運転手が反応しない場合は、緊急急ブレーキをかけてt露待ってくれます。

走行中の前走車に対しては約7~105km/hの範囲で、作動

静止した障害物に対しては約7~50km/hの範囲で、作動

PRE-SAFE

運転手が、急ハンドルや急ブレーキをした場合、即座に事故防止安全システムが作動して運転手を保護してくれます。

・電動シートベルトが運転手をシートに引き寄せて、衝撃を軽減してくれます。

・衝突に備えて、同乗者のシートのポジションを後ろ方向に倒し、正面にぶつかり怪我をする危険性を軽減します。

・パノラミックスライディングルーフが自動で閉まり、外に投げ出される危険性を軽減します。

・横の窓を自動で閉めて、外にの投げ出される危険性を軽減します。

・シートに内蔵されてるエアチャンバーを膨張させて、衝撃に備えてくれます。

リアCPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)

リアバンパーに設置されたレーダーが後方の車を感知し、衝突の危険性がある場合ハザードランプを出して、後方の車に知らせます。

それでも後方の車が減速しないで衝突の恐れがある場合、車のブレーキを踏むと玉突き衝突に備えてブレーキを自動で強くしてくれます。

運転手がブレーキを踏まなかった場合は、車が自動でブレーキ圧を高めて、シートベルトを自動で強く締め、玉突き衝突時の衝撃を緩和します。

アクティブブラインドスポットアシスト

リヤバンパーに設置されたレーダーで、左右後方の死角エリアを監視。

その死角に、車両や自転車や歩行者がいる場合、ドアミラーを赤く点灯させて危険を教えてくれます。

運転手がそれに気が付かずにウィンカーを出すと、警告音を出してドアミラーを点灯させ、注意喚起します。

それでも気が付かずに回避行動をとらなかった場合、車が自動でブレーキをかけて危険回避行動をとります。

作動速度範囲:約8~200km/h

作動速度範囲:約12~200km/h(車両減速時は10km/hまで作動します。)

自動コース修正作動速度範囲:約30~200km/h

アクティブレーンキーピングアシスト

カメラが車線を検知して、フロントタイヤが車線をはみ出したら、ハンドルを振動させて気宇権を教えてくれます。

それでも気が付かない場合は、自動でブレーキをかけて衝突の危険を回避します。

作動速度範囲:約60~200km/h

アダプティブハイビームアシスト

カメラが交通状況を検知して、ヘッドライトを前方に何もない場合はハイビームにし、先行車や対向車や道路標識がある場合、ヘッドライトの位置や照射範囲を細かく調整して、周りの状況を見やすくします。

作動速度範囲:約30km/h~

マルチビームLEDヘッドライト

車両のカメラが1秒間に約100回の状況情報を検知して、ヘッドライトに搭載れたLEDライトが瞬時に今の状況のベストな明るさや方向を判断して、自動でヘッドライトの明るさを調整してくれます。

ナイトビューアシストプラス

夜間走行中、2つのカメラが人や動物や障害物を検知して、モニターに専用の夜間用映像が表示され、歩行者にはライトを当てて注意を促し、運転手にも障害物がある事を教えてくれます。

ヘッドアップディスプレイ

フロントガラス前方2mに、色々な情報が浮かんで見える映像を投影してくれます。

運転中前方の視界から目を離さずに状況を確認できます。

マジックボディコントロール

カメラで最大15m先の路面凹凸を監視し、走行時に起こる車の揺れや、カーブを曲がる時に起こる車の傾きなどを、4輪全てのサスペンションが自動で車の位置を調整し、車内で文字が書ける位の揺れまで軽減してくれます。

これは“Curve”モード選択時に作動し、“Sport”モードでも適応されます。

クロスウインドアシスト

80㎞以上で走行中、強い横風を検知すると、車が風に流されないようにハンドルを自動で操作して、車を安定させてくれます。

サイドビューカメラ

ドアミラに設置されたカメラが、左右の見えない路面状況の映像を映してくれます。

狭い場所で死角になる車の左右下方向の確認が出来ます。

パーキングアシストリアビューカメラ

バックギアに入れると、車の後方の様子がモニターに表示されます。

駐車スペースに車を入れる時の安全確認が出来ます。

パークトロニック

センサーが駐車可能なスペースを見つけてくれて、そこに駐車する時ハンドルを操作する量や、進行方向をモニターに表示して駐車移動方向を指示してくれます。

アテンションアシスト

長距離運転をする時、運転手の疲労度合いを70以上のパラメーターで測定して判断し、5段階評価してくれます。

休憩が必要な時は、モニターに休憩表示をして休むように警告してくれます。

これは約60~200kmで動作します。

「パラメーターが検知する物の一例」

走行状況の検出(加速度など)

車線変更の検出

路面状況の検出

ドライバー交代の検出

ドライビングスタイル(走行速度など)

ステアリング操作の検出

各種操作の検出(アクセルペダル、ウインカーなど)

走行条件の検出(時刻、運転時間など)

マジックビジョンコントロール

ワイパーを動かしている時、自動で汚れ具合、温度、走行速度を判断して、自動でウォッシャー液を出し、フロントガラスを常にきれいに保ってくれます。

オートライト

オートライトは、周囲の状況を車が判断して自動でその状況にあったヘッドライト光を点灯してくれます。

レインセンサー

雨が降ってきたら車が自動でワイパーを動かして、雨が止んだら自動でワイパーを止めてくれます。

ESPR(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)

車のタイヤが横滑りをしたり、空回転をしそうになった状況になると、車がそれを事前に自動で検知して、ブレーキやエンジン出力を調整してくれます。

これは、タイヤ1つ1つを個別に調整してくれます。

アダプティブブレーキライト

50㎞以上で走行中、急ブレーキをかけるとブレーキランプを点滅させて後続車に知らせてくれます。

時速70㎞以上で走行中急ブレーキをかけて停止すると、自動でハザードランプを点灯させてくれます。

アダプティブブレーキ

運転手がアクセルから足を放し直ぐにブレーキを踏むと、車が緊急ブレーキが必要だと判断して最大制動力で車を止めてくれます。

信号待ちや渋滞時、ブレーキべ樽を踏み続けなくてもホールド機能により、車にブレーキがかかった状態を維持してくれます。

坂道発進の時に車が後ろに下がらないように、ヒルスタートアシストで車にブレーキをかけてくれます。

オートマティックロールバー

オープンカーに搭載されている機能。

車が規定以上の傾きや衝撃を感知すると、自動で後部座席の後方からロールバーが飛び出して、車の横転時の被害を緩和して乗員の安全を確保します。

ベルトフォースリミッター付シートベルトテンショナー

正面衝突時に瞬時にシートベルトをきつく締めて、事故時の衝撃を和らげます。

そして、すぐにシートベルトを緩め運転手を動ける様にします。

アクティブボンネット

車の前面に設置されたセンサーが、歩行者の衝突を感知して、ボンネットを60㎜浮き上がらせてクッション代わりにし、歩行者の衝突時のダメージを軽減します。

SRSエアバッグ

運転席と助手席に装備されているエアバックが事故の衝撃の度合いを感知し、その衝撃に合ったエアバックの吸収力を自動で判断して膨らませてくれます。

また、衝撃力が12㎏以下の軽い衝撃だと、助手席のエアバックは作動しないようになっています。

・SRS運転席エアバッグ(1個)

・SRS助手席エアバッグ(1個)

・SRS運転席サイドバッグ&ペルビスバッグ(1個)

・SRS助手席サイドバッグ&ペルビスバッグ(1個)

・SRSウインドウバッグ(2個)

クラッシュセンサー連動機能

万が一事故を起こしてしまった場合、2次被害を最小限に抑える為に、ドアロックを自動で解除し、ウィンドウを自動で開き、エンジンの停止やハザードランプの点灯をします。

・燃料供給及びエンジンの自動停止

・ドアロック自動解除

・サイドウインドウの自動オープン

・ハザードランプの自動点滅

独特なメルセデスの自動運転カーの機能

メルセデスは他社の自動運転カーの機能に加え、「おもてなし」と言う独自のサービスがあります。

このサービスは非常にありがたいサービスです。

この「おもてなし」と言うサービスの質がどれ程の物かは、実際に使ってみないと解らないですが、メルセデスの社風から考えると悪くはない回答は得られると思います。

自動運転カーに「おもてなし」と言う機能を取り入れたメルセデスは、非常に良い未来への取り組みが期待できそうです。

この考え方は、他社には無い一歩先を行った技術の表れでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です