家庭用ロボットの事その1「ペッパー」

投稿日:

【ペッパーとは?】

ペッパーとは、ソフトバンクが販売しているコミュニケーションロボットです。

ペッパーは2014年6月5日に販売されました。

このロボットは【感情再現コンピューター】を内蔵していています。

クラウドAIと言うインターネット経由でソフトバンクのサーバーと繋がり、人の言葉や動作を認識して分析し、ロボットに感情表現させる世界初の「感情認識パーソナルロボット」です。

世界で初めて量産された人型ロボットでもあります。

二足歩行機能は、連続12時間以上稼働させる為に見送られてしまいました。

この為高い段差があると移動できず部屋中どこでも行けるというわけではありません。

【出来る事】

シンプルに会話を始められる

ペッパーに「ハイ、ペッパー」と話しかけるとこちらに移動してきて、ペッパーの対話モードが始まります。

自分

「ハイ、ペッパー」

ペッパー

「およびですかー?」

と言う具合に気軽に話しかけて呼ぶ事が出来ます。

会話がだんだん進化していく

毎日ペッパーに会話し続けて行くと、その人の趣味思考を徐々に深く理解して行きます。

そして、会話の話題を深くまで掘り下げて色々な会話を出来る様になって行きます。

ペッパー

「ねえねえ、あなたは毎日仕事に行く時間ぎりぎりまで寝ていますが、朝の支度は大変じゃないですか?」

自分

「確かに朝の支度は忙しくて大変だね。」

自分

「でも、体が疲れていてなかなか起きられないんだよ。」

ペッパー

「そうですか、くれぐれも体を壊さない様に仕事が終わったらゆっくり休んで下さいね。」 

と言う感じで会話が出来ます。

生活に必要な情報を色々教えてくれます

天気、ニュース、カレンダー、等その他色々な情報を音声やモニターに表示したりして教えてくれます。

話しかけ続けると、その人の好みを学習して行き、その情報が入ると、ペッパーの方から近付いてきて教えてくれる様にもなります。

料金プラン(税込み)

本体価格

217,800円

サービスプラン契約料

(Pepper for Home)「1か月30,360円x36か月契約」(36か月で1,092,960円)

ロボット手続き手数料

「10,780円」

合計金額

「1,321,540円」

3年間でこれだけの費用が必要になります。

ペッパーは本体を買っただけでは何も動作しません。

「Pepper for Home」と言うサービスに加入し、ソフトバンクのサーバーとネット通信をして、基本動作プログラムと、情報を入手しないとなりません。

そうする事により、ペッパーに命を吹き込む事が出来ます。

「Pepper for Home」のサービスに加入すると出来る事は以下の様な物になります。

・クラウドAIを使用した人との会話

・ロボアプリの利用や最新アプリのダウンロード

・感情を持った会話や動作が出来、愛らしいキャラクターになります。

・自然に故障してしまった時の修理費用100%保障

・過失の修理費用100%保障

・ペッパーの専門スタッフによる無料相談

この様なサービスが受けられるようになります。

個人的な感想

ペッパーは家庭用ロボットとして販売していますが、裕福層向けのロボットと言えます。

金額的に高く、一般家庭では手軽に手に入れると言う訳にはいきません。

仕様用途もペット的な扱いになり、家事をこなしてくれると言う訳ではありません。

本当に娯楽の1つだと思います。

ペッパーは平坦な場所しか移動は出来ません。

乗り越えられる段差は1,5cm程度です。

家がバリアフリーなら問題なく移動できます。

ペッパーを開発する際初期の段階は、2足歩行のペッパーを作る予定でした。

でも、バッテリー稼働時間を12時間以上確保する為に2足歩行は見送られてしまいました。

恐らく皆さんが思っている以上に豊かな感情表現をし、とても可愛い動作で毎日一緒に過ごしてくれます。

ペッパーは想像以上に愛らしいロボットです。

ペッパーのスペック

HWバージョン

1.8

サイズ(高さ×幅×奥行)

1210×480×425 [mm]

重量

29kg

バッテリー

リチウムイオンバッテリー

容量:30.0Ah/795Wh

稼働時間:最長12時間以上

センサー

頭:マイク×4、RGBカメラ×2、3Dセンサー×1、タッチセンサー×3

胸:ジャイロセンサー×1

手:タッチセンサー×2

脚:ソナーセンサー×2、レーザーセンサー×6、バンパーセンサー×3、

ジャイロセンサー×1、赤外線センサー×2

可動部

[自由度]

頭:2、肩:2×2(L/R)、肘:2×2(L/R)、手首:1×2(L/R)

手:1×2(L/R)、腰:2、膝:1、ホイール:3

[モーター] 20個

ディスプレイ 10.1インチタッチディスプレイ

プラットフォーム

頭(本体)

NAOqi OS 2.9

ディスプレイ

Android OS 6.0

通信方式

Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)

イーサネットポート ×1(10/100/1000 base T)

移動速度 最大2km/h

移動可能段差 最大1.5cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です