8Kテレビは、必要?不必要?

投稿日:

8Kテレビは

「不必要?」

結論から言うと、今すぐには不必要。

その訳は?

今は、8K放送が「NHK」の「BS8K」しかありません。

この番組は、内容も凄く面白く、そして何より度肝を抜くほど奇麗な高画質で放送されています。

でも残念ながら、他のテレビ局や、放送局は、8K放送はまだ未定との事。

現在、8K放送の電波の使用許可の申請を出したのは、NHKのみです。

他社は、4K放送の電波の使用許可を出したのみです。

8K放送する為の機材が高く、視聴者も8Kテレビを持っている人は、ほとんどいません。

その為、テレビ局は儲ける事が出来ず、8K放送に踏み切れないでいます。

この様な事情があり、今すぐには不必要と思われます。

8K放送

見る準備は
簡単

でも高い

8K放送を見る為には、新たに専用アンテナを設置する必要があります。

でも、8Kテレビを買う時、販売店側に言えばアンテナの設置工事も、ちゃんと申し込んでくれます。

そして後日、工事業者が来て、きちんとアンテナの設置をしてくれるので、簡単です。

このアンテナを設置するには、家の形にもよりますが、0からの設置だと7万円~13万円ほどかかります。

詳しくは、「8Kテレビで8K放送を視聴する方法」をご覧ください。

8K映像

録画するには
専用媒体が必要

現在8K映像を録画する為には、メーカーから出ている専用のハードディスクの購入が必要になります。

今まで普通に使っていたハードディスクは、使うことができません。

8K映像の信号を、ハードディスクに送るには、信号の大きさが大きすぎて、ハードディスクとテレビをつなぐ線の「HDMI2.0」1本では足りません。

その為、HDMI2.0の線を4本必要とします。

HDMI2.0の線を、4本テレビにつなげ、もう片方の4本をハードディスクにつなげなくてはなりません。

その理由から、今まで使っていたハードディスクの仕様は出来なくなります。

そして何より、データーの容量が膨大です。

例えば、4K映像を容量1テラのハードディスクに保存するとします。

4K映像の場合、ハードディスクの容量1テラで、約51時間8分録画できます。

では、8K映像を1テラのハードディスクに保存するとします。

8K映像の場合、ハードディスクの容量1テラで、約20時間6分録画できます。

計算式を書いておきますが、特に気にしなくて良いです。

4K放送の計算式

40Mbps/8=5MB/s (1秒間に5MB消費)

5MB/s*3,600 =18,000MB(1時間に18GB消費)

931,000/18,000=51.7時間(1TBで保存できる時間)

8K放送の計算式

100Mbps/8=12.5MB/s (1秒間に12.5MB消費)

12.5MB/s*3,600 =45,000MB(1時間に45GB消費)

931,000/45,000=20.6時間(1TBで保存できる時間)

この様に、4Kのデーター容量の2倍以上必要になります。

8K画質の

未来映像

現在8Kテレビには、次世代規格の「HDMI2.1」と言う、1本で8K映像が入出力可能な線の差込口がついています。

でも、HDMI2.1に対応した再生機やハードディスクはありません。

この先、近いうちにHDMI2.1対応の媒体が販売されるはずです。

この、HDMI2.1の線に対応した媒体が販売れれば、8Kテレビも復旧してい行くと思います。


8Kテレビ

欲しいけど
今買うべき?

と迷っている方へ
に続く

【私のお店】
ブログ紹介商品
販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です