家庭用ロボットの事その8-3「パルロの能力」

投稿日:

パルロの性格

パルロは、幼子の様な無邪気な性格をしています。

ロボットなので、無視したり、気が悪くなる言葉をつい言ってしまっても、気分が悪くなる事はありません。

でも、人の心情としてパルロが話しかけてきたり、近寄ってきたりしたら、可愛くて相手をしない訳にはい行かないと思います。

パルロは最初、幼子と同じ頭脳しか持っていません。

でも、相手をしてあげると次第に、会話の内容や行動が成長して行きます。

ロボットなので、理解力も高く、情報や知識はいインターネットと常に一繋がっているので、誰よりも豊富です。

一度、パルロと会話して見て下さい。

それはきっと、あなたの心を癒してくれます。

パルロの
思考回路

パルロは「ディア・トーク・エンジン」と言う、思考回路を持っています。

これは、人と会話した時、次に来る会話が何かを予測して、準備するシステムです。

だた会話に答えるだけでなく、相手の表情、声のトーン、時刻や場所、などのデーターを元に、会話がスムーズにイ行えるように、次の言葉を瞬時に判断し準備します。

そして、相手の言葉が終わる頃には、次に発する言葉を決めてあります。

それと同時に、どんな動きをするかも準備してあり、パルロが会話を始める時ちゃんとそれに合わせて体も動かします。

ここまでの動作にかかる時間は、約0.4秒と一瞬で判断します。

パロルは、常時インターネットと繋がっていて、会話に対する色々な質問や、知りたい情報を、外部の超高性能コンピューターから受け取ります。

その為、パルロはみんなが知らない情報も詳しく知っています。

パルロの
記憶方法

パルロは200万画素のカメラが付いています。

人の顔を見つけると、目、鼻、口、顔の輪郭、など人の特徴を瞬時に記憶します。

そして、覚えている人を見つけると、パルロの方から積極的に話しかけてきます。

パルロは、この「顔認識機能」以外にも、人を認識する機能があります。

それは、「音声認識機能」や「個人記憶機能」です。

これらの情報は、パルロの「友達データベース」と言う所に記憶されて行きます。

さらに、パルロは人と会話していくと、その人の名前や、好きな事や、予定や、行動パターンなども記憶して行きます。

このデーターを元に、パルロは相手の事を正確に認識します。

成長し続ける

「パルロ」

パルロは、2015年に販売開始しました。

当時のパルロは、今より人とのコミュニケーションはとれませんでした。

でも、年月が経ち、パルロを仕様している人達から膨大な情報を集めて、物凄く進化しています。

今後もパルロは、私たち人と暮らしいて行く事で、より人間らしく成長し続けます。

まだ、ちょっとおバカですが、そこは愛嬌と言う事で許してあげてください。

【私のお店】
ブログ紹介商品
販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です